2009年4月6日月曜日

GM CEO Henderson氏のNBC インタビューでの発言

本日米国時間の4月5日(日本の6日の深夜)にNBCの”Meet the Press”で、GMの新CEO Fritz Henderson氏とのインタビューが放送されました。GMがバンクラプシー・プロテクションを選択するか否かに市場の注目が大きく集まっている中で、本インタビューは注目を集めた様です。

本件に関してReutersの記事を併せて添付します。
GM CEO Henderson says bankruptcy not inevitable

これは、Henderson氏がバンクラプシーは、避けられないわけではない、と語った事に焦点を当てたタイトルになっています。(正確には、「バンクラプシーは避けられないと思うか?」と聞かれて「No(いいえ)」と答えただけですが、、、)

ここでは、Reutersの記事が取り上げたインタビューの箇所のMSNBCのビデオのリンクを添付し、該当の部分のトランスクリプトを抜粋し、邦訳したものを以下に記します。


Mr. Gregory(インタビュアー): 「バンクラプシーについての問題について話をさせて頂きます。バンクラプシーは、ビジネスの世界で、ネガティブのキャッシュフロー(負のキャッシュフロー)で、債務者に対して多額の借金があり、過去からの遺産のコストを抱えている場合、それらの多額の債務から抜け出すために、General Motorsの様な会社を助けるために使われるものであることを、皆、理解しております。あなたは、今週いくつかのインタビューを受けました。あなたは、バンクラプシーは、今、よりありえる(“more probable”)、とおっしゃっています。現時点で、バンクラプシーは避ける事ができない、とお考えですか?」

Mr. Henderson: 「いいえ。大統領のタスクフォース・チームのキー・ファインディングズ(主要な発見・認識)を見直して頂ければ分かりますが、彼らが基本的に言っている事は、我々(GM)は更に踏み込んだリストラを、より早く進める必要がある、と言う事です。そして、我々は、それらの非常に重要な目標(ゴール)に対して妥協する事はできない、そして、彼らは、レポートにそれらのアウトラインを示しています。何が求められているかは、期限です。今、我々は60日ではなく、55日残っています。我々は、この仕事をバンクラプシーなしで、短期の間に達成するか、または、代替として、この仕事をやり遂げるために、もしも必要であれば、バンクラプシーを選択します。

(コメント:タスクフォース・チームのキー・ファインディングズに関しては、本ブログでも以前取り上げていますので、ご興味のあるかたは、こちらのエントリーをご参照下さい。オバマ政権、GMとクライスラーに対する支援策のアップデートを発表

Mr. Gregory: しかし、あなた自身の考えとして、あなた自身はバンクラプシーに対する準備の道(方法)を計画していますか?

Mr. Henderson: 我々は、その(求められている)仕事を達成するための計画を立てています。我々の希望は、バンクラプシーの過程を経ずにそれを行う事です。しかし、もしも、それにより実現でき、さらに早く行えるその手段に訴える必要がある場合のために、そのことに対してもきちんと計画しておくことは賢明な事だと思います。

Mr. Gregory: The USA Today (米国の大衆紙)は、今週の記事で、Chapter 11は自動車メーカーの苦境を解決する最善の策かもしれない、と述べています。理論的な根拠は以下の通りです:“株主は、もし何か残っているのであれば、その少しを持って去る。債権者は、貸し出しの一部を得る。組合、部品供給業者、ディストリビューターとその他との契約上の義務(債務)については契約を改める。危機にさらされている自動車メーカーが、ほとんどの同様の結果を非常に早いスピードで確実に達成する計画を考案することができなければ、管理、または監督したバンクラプシー(a controlled or managed bankruptcy)は、最良の代案かもしれない。“ あなたは、その意見に同意しますか?

Mr. Henderson: そうですね、オバマ政権は、基本的に同じ事、それは最良の代案かもしれない、と言っています。状況を見た場合、我々が一揃えの目標を達成する必要がある。そして、それらを達成する事は、妥協することができない。ですから、もしも、バンクラプシーの過程を経る事なしにできないのであれば、それを経て実現します。

(インタビュー抜粋終了)

バンクラプシーは避ける事ができないか?の質問に対しては、Noと答えていますが、その後の受け答えを含めて考慮した場合、バンクラプシー選択の可能性は十分にある、と言う含みを残した発言だと思います。ご興味のある方は是非、ビデオをご覧になってみて下さい。私の受けたHenderson氏の発言の印象は、特に踏み込んだ発言はしないよう、極力慎重な形での回答に終始している様な、非常に差し障りのないものと感じました。まあ、GMのバンクラプシー選択か否か、については、市場に与える影響も多大なので、非常に慎重にならざるを得ない、と言うのは分かりますが、、、特に際立った話ではないとは思いましたが、やはり、今後の市場に与える影響、ニュースとしても重要だと思うので、後の記録にすると言った主旨でも、エントリー致しました。

(お願い)このエントリーがご参考になった様でしたら、クリックのご協力をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

0 件のコメント: